« 青空ゆいまーる市場 6月23日(土)やります! | トップページ | 6月の開店予定日 なかゆくい »

2012年5月31日 (木)

「悲しみとは何か・・・、悲しみの向こうに見えるものがあるとしたらそれは何か・・・」講演会&シンポin南相馬 東日本大震災その後 

なおが、東京で死別に関する電話相談のお手伝いをしていた時の仲間から、
久しぶりにメールが来ました。
いろいろな方が、いろいろな支援をしてくださっているんだなぁ・・と
今更ながら、思いました。
当日は伺えないのですが、ご紹介させていただきます。
必要な方、関心のある方、どうぞご参加ください。
******************************************************************
講演会&シンポジウム in  南相馬開催
「悲しみとは何か…、悲しみの向こうに見えるものがあるとしたらそれは何か…」

当センターでは、東日本大震災で大きな被害を受けたくさんの方が亡くなった南相馬市で、昨年10月より南相馬市と福島れんげの会、それにNPO法人ライフリンクとの共催で遺族のつどい~わかちあいを毎月開いています。
悲しみは時間の流れの中でおさまっていくとは限らず、むしろ喪失の大きさが際だち、深まっていくことも少なくありません。
悲しみとは何か…、悲しみの向こうに見えるものがあるとしたらそれは何か…。
長年に亘って子ども亡くした親の会を続けておられる若林一美氏の講演会と、家族を失った体験を通してのメッセージに耳を傾け、「悲しみに向き合うこと、わかち合うこと」を考えるシンポジウムを下記の日程で開きます
日時 2012年6月10日(日)13:00~16:30
プログラム 講演
13:35-14:25「悲しみの諸相」若林一美
(立教女学院短期大学学長,「ちいさな風の会」世話人)

シンポジウム
14:35-15:30 シンポジウム「悲しみに向き合うこと、わかち合うこと」

シンポジスト
佐藤宏美「じいちゃん、ばあちゃんを亡くして」
花井愛理菜(南相馬市 健康づくり課 保健師)「頑張りすぎていませんか?」
反町吉秀(大妻女子大学教員)「男だって泣きたい時がある」
コメンテーター:若林一美
コーディネーター:杉本脩子(NPO 法人全国自死遺族総合支援センター)

15:40-16:30 茶話会 ※どなたでもご参加いただけます
会場 南相馬市原町保健センター
( 福島県南相馬市原町区小川町 322-1)
参加費 無料
主催 南相馬市
共催 福島れんげの会
NPO法人ライフリンク
NPO法人全国自死遺族総合支援センター
申込

ご参加の方は原町保健センターまで、電話かFAXまたは Eメールにてお申し込ください。
当日参加も可能です。託児をご希望の方はお電話にて予めご連絡ください。

南相馬市 健康づくり課 (原町保健センター)
TEL:0244-23-3680  FAX:0244-23-4525
メール:kenkodukuri@city.minamisoma.lg.jp

« 青空ゆいまーる市場 6月23日(土)やります! | トップページ | 6月の開店予定日 なかゆくい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570201/54843340

この記事へのトラックバック一覧です: 「悲しみとは何か・・・、悲しみの向こうに見えるものがあるとしたらそれは何か・・・」講演会&シンポin南相馬 東日本大震災その後 :

« 青空ゆいまーる市場 6月23日(土)やります! | トップページ | 6月の開店予定日 なかゆくい »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30